【簡単解説】ahamoへ変更する時に注意すること 3選

生活
かっさまん
かっさまん

この記事はこんな人におすすめです!

・ahamoに変更することを迷っている人

・ahamoの変更前に注意点を知りたい人

・ahamoを申し込もうと思っている人

ahamoへ変更する時の注意点
  • 料金体系は20GB 2,970円(税込)の1プランのみ
  • 家族割引など他の割引が適用できない
  • ドコモ回線だがなぜか混雑時は通信速度は遅い

ドコモから発売されている格安料金プラン”ahamo”はなんと言ってもプランの安さが魅力的です。

基本料金はなんと2,970円(税込)で使える通信量は20GB国内通話5分無料もついています。

この安さからahamoに申し込みをしようと考えている方は多いのではないでしょうか。

しかし、安さだけに惹かれてしまうと注意点を見逃してしまい結果的には損をしてしまうかも知れません。

今回はahamoに変更した時の注意点について簡単に解説して行きます。

安いプランに変えたのに結果的には損した!

なんてことにならないようにahamoへの変更を迷っている人はぜひご覧ください。

【簡単解説】ahamoへ変更する時に注意すること 3選

ahamoへ変更する時の注意点
  • 料金体系は20GB 2,970円(税込)の1プランのみ
  • 家族割引など他の割引が適用できない
  • ドコモ回線だがなぜか混雑時は通信速度は遅い

ahamoはドコモが提供している割安な通信プランの1つです。

ワイモバイルやUQモバイルはサブブランドと呼ばれる大手キャリアの子会社が運営している企業体ですが、ahamoはあくまでドコモが提供しているプランの1つに過ぎません。

そのため注意点もありますので解説して行きます。

料金体系は20GB 2,970円(税込)の1プランのみ

20GBプランのみのahamoに変更して得をする人
  • 月に使用する通信量が『20GB以内で2,970円以上支払い』をしている人
20GBプランのみのahamoに変更して損をする人
  • 月に使用する通信量が『20GB以下で2,970円以下の支払い』で済んでいる人
  • 月に使用する通信量が『20GB以上』使用している人

ahamoには『20GB 2,970円』というプラン設定しかありません。

そのため、月々の使用通信量によってahamoへの変更で得する人と損する人が出てきます。

みなさんはどの部類に当てはまりますか?

もし、自分が得する人に当てはまって入れば直ぐにahamoへの変更を検討するべきです。

早見表


月の通信使用量月の支払額ahamoへの変更判断
Aさんの場合15GB3,500円
Bさんの場合50GB6,000円×
Cさんの場合3GB2,500円

簡単な早見表を作成してみました。

1つの例ですが、この3名の人の中でahamoに変更するべき人はAさんのみです。

Bさん、Cさんにはahamoよりも得するプランがありますのでahamoへの変更はおすすめできません。

自分がAさんに当てはまっているならば、ahamoへの変更を検討するべきと言えます。

家族割引など他の割引が適用できない

割引がなくてもahamoで得する人
  • 独身者
  • 家族でバラバラの通信キャリアを使用している人
  • 自宅でインターネットや電気を自由に契約できない人
割引がなくて損する人
  • 家族で通信キャリアをまとめている人
  • インターネットや電気といったものが自由に契約できる人

ahamoでは基本料金を抑えているため、家族割などの安くなる割引はありません。

そのため、上に挙げたような方などはahamoにすることで損をする可能性がありますのでご注意ください。

サブブランドの場合に適応される割引例

例えばですが、ワイモバイルには家族割がありますので家族全員でワイモバイルにすることで全体の料金を抑えることができます。

auの展開するUQモバイルでも自宅割セットというのが用意されていて、電気かインターネットをセットで契約することで割引を受けることができます。

ワイモバイル家族割適用価格(2回線目以降)
3GB990円
15GB2,178円
25GB3,058円
2021/1 現在
UQモバイル自宅セット適用価格
3GB990円
15GB2,090円
25GB2,970円
2021/1 現在

ahamoではワイモバイルやUQモバイルのような割引が一切用意されていません

ご家族やご自宅を所有している人は家族みんなでahamoに変えると損をする可能性がありますのでご注意ください。

ドコモ回線だがなぜか混雑時は通信速度は遅い

通信速度が遅くても得する人
  • 普段はネットサーフィンや簡単なゲーム程度しかしなくて通信速度遅くても気にならない人
  • 動画を通勤時や通学時にあまりみない人
  • 家ではWi-Fi環境で動画視聴している人
通信速度が遅くて損する人
  • ネットサーフィン等でページ読み込みが遅いとイライラする人
  • 通勤、通学時に動画視聴や重いゲームをする人
  • 家にWi-Fi環境がない人

ahamoはドコモ回線とはいえ回線混雑時(通勤、通学時等)には通信速度が思ったよりも悪くなります。

理由は格安プランだからだと思われますが、真相は不明です。

あくまでもドコモの1プランのはずでドコモ回線を使用しているのですが通信速度が落ちます。

特に朝夕の通勤、通学時やお昼の時間帯は顕著に表れています。

そのため、このような時間帯に重いゲームをする人や動画視聴をする人は損をしてしまいます。

逆に朝夕の通勤、通学時やお昼の時間帯にネットサーフィン程度しかしない人であれば気にならない程度です。

自分がどちらのグループに当てはまるのか確認してみてください。

【簡単解説 まとめ】ahamoへ変更する時に注意すること

【簡単解説 まとめ】ahamoへ変更する時に注意すること
  • 料金体系は『20GB 2,970円(税込)の1プランのみ』なので『月の通信量が20GB以上』使用している人や『20GB以下で2,970円以下の支払い』で済んでいる人は損
  • ahamoには家族割引など他の割引が適用できないため『家族で通信キャリアをまとめている人』はahamoにすると損
  • ドコモ回線だがなぜか混雑時は通信速度は遅いので『回線混雑時(通勤、通学時等)に回線が遅くて困る人』は損

実際にahamoにしてみようという方は、『ahamoに変更して損するかどうか』を確認してからお申し込みしてください。

ahamoは20GB 2,970円(税込)で料金が安いですが、この1プランしかないのでお得になる人と損をしてしまう人が顕著に表れてしまします。

これらの条件に当てはまらない人はお得ですのでぜひahamoを検討してみてください。

かっさまん
かっさまん

プランは色々あるから自分に合ったプランを見つけましょう!!!

コメント