【2万円以下で買える!停電時に役立つ!】NASにおすすめのUPS ベスト3

生活

以前、ゲーミングPCの停電対策にUPSをおすすめしました。

今回はNAS(Network Attached Storage)におすすめのUPSについて紹介したいと思います。

NASは1台でもあるととても便利な機械です。

写真の保存、動画・音楽の保存など様々なデータを大量に保存できます。

しかし、もしかしたら停電などの電気トラブルで大切なデータが消えてしまう可能性もあります。

そんな時のために『保険』としてUPSの設置をおすすめしています。

なぜなら、東京だけでも『年間1軒あたりで0.36回の停電』が起こっているからです。

また、停電は『災害』『人的ミス』『設備トラブル』など色々と原因があり自分で気をつけているだけでは残念ながら防ぐことができません。

しかし、UPSは決して安いものではありません。

加えてどんなUPSを選べばいいのかも難しくて分かりにくいです。

そんなわけで今回は”UPSの選び方のポイント”に加えて、

2万円以下という比較的安いUPSを3つランキング形式で紹介します。

ぜひ最後までご覧ください!

かっさまん
かっさまん

今回はランキング形式でのご紹介です!

UPSについて知っている人は目次からランキングに飛んでくださいね!

そもそもUPSって何?

UPSは『無停電電源装置』の英語:Uninterruptible Power Supplyの頭文字を取ったものです。

【UPSって何?】UPSの役割

UPSの役割としては、停電した時にUPSに接続している機器に『電気の給電』を続けることです。

そのため、急な停電によるPCデータの破損や不具合を防ぐことが主な役割です。

【UPSって何?】UPSの仕組み

UPSは『コンバータ』『蓄電池』『インバータ』の3つの機械で構成されています。

停電時にはUPSに搭載されている『蓄電池から電気の給電を続ける』ことができます。

【UPSって何?】UPSの種類

UPSには主に3種類あり、種類によって値段も全然違います。

【代表的な種類】

常時商用給電方式通常時は商用電力を負荷に供給!商用電力に何かあればバッテリーから電力を供給。切り替えには10ms程度の瞬断が発生
ラインインタラクティブ給電方式常時商用と常時インバーターの中間のもの。商用電力の電圧調整してくれる機能を持っているので電圧変動があっても調整してくれる。2〜10ms程度瞬断が発生
常時インバータ給電方式常にインバータを動かして負荷に電力を給電。停電が起きても無瞬断で電力供給を続ける事ができます。

価格は『常時インバータ給電方式が一番高く』、『常時商用給電方式が一番安い』です。

NASにUPSは必要?

UPSについては簡単に説明しましたが、本当にNASにUPSは必要なのでしょうか。

結論としては『UPSは保険のため必要』と思っています。

【NASにUPSは必要?】電気トラブルは自分では防げないので保険として必要

電気トラブルは自分で防げることの方が少ないためNASにUPSの設置をおすすめしています。

停電が起こる主に理由は『災害』『人的ミス』『設備トラブル』です。

もちろん、地震や雷などの『災害』は自分ではどうすることができません。

残念ながら、電力会社側の『人的ミス』『設備トラブル』も自分では防ぐことはできません。

そのため、『電気トラブルのもしもの時の保険のためにUPSが必要』です。

【NASに必要?】東京の停電の回数と時間

2019年 東京の停電回数と時間(1軒あたり)
※東京電力HPより
  • 停電回数:0.33回
  • 停電時間:200分

日本での停電の回数や時間は安定して低水準で推移しています。

2019年の東京での停電回数は0.33、停電時間は200分となっています。

東京では停電は年間で1回あるかないかです。

しかし、その1回で大切なデータが消えてしまうかもしれません。

UPSは取り返しがつかないことが起きない時のための『保険』となります。

NASにおすすめのUPS ベスト3

さて、ここからはお待ちかねのNASにおすすめのUPSについて紹介していきたいと思います。

NASに使用するUPSのポイント

メインでバックアップする機械を選ぶ

UPSを選ぶにはバックアップする機械の消費電力を知る必要があります。

そのため、バックアップする機械を選ぶ必要があります。

今回は最低限必要なNASとWi-Fiルーターをメインでバックアップするということで考えていきます。

消費電力は私が調べたところ、

NAS(2TB):30W(最大)/Wi-Fiルーター:15W】で

合計は45W程度の消費電力でした。

もし、ご自身で使用しているNASとWi-Fiルーターの消費電力がわからない方は『ワットチェッカー』というもので消費電力を調べることができます。

また、使っている機器の公式HPに行けば、消費電力や最大消費電力の記載がありますので1度ご確認ください。

この時のポイントは『最大消費電力』の記載がある場合は『最大消費電力』を選ぶことです。

UPSの容量を接続機器の消費電力が超えてしまう』と肝心な時にUPSが役に立たないことがあります。


波形は必ず正弦波のものを使用

安いUPSの中には電気の波形が矩形波のものがたまにあります。

矩形波のUPSをNASに使用してしまうと”ほぼ確実にNASが故障”してしまいます。

ここではあまり難しい話はしませんが安いからと言って無闇に矩形波のUPSを選んではいけません。

そのため、”NASには正弦波のUPS”と覚えておいてください!

NASのシャットダウンまでを考える

UPSをNASに設置した場合、短期間の停電では問題ありませんが、

長時間の停電になってしまった場合、UPSがバックアップしきれない場合があります。

その時にNASをシャットダウンしていないと”大切なデータが消失してしまう可能性”があります。

ですので使用しているNASをシャットダウンできるUPSを選びましょう!!

対応UPSはNASのHPに記載があると思いますのでぜひ確認して見てください。

また、NASのOSによってはUPSに標準添付されてるシャットダウンソフトでもシャットダウン可能です。

【ベスト3】2万円以下で買えるNASにおすすめのUPS

さて、選び方のポイントも紹介したところで、

実際に”2万円以下で買えるNASにおすすめのUPS”をご紹介します。

【NASにおすすめのUPS】1位 APC製 BR550S-JP E


BR550S-JP Eのおすすめポイント
  • コストパフォーマンスが最高
    • 安価で高性能
      • 雷サージ保護付き
      • 長寿命バッテリー
      • 過負荷保護付き
  • 2種類のコンセントがついている
    • バックアップ用
    • 雷サージ保護用スルーコンセント
  • 給電方式がラインインタラクティブで安心
内容仕様
給電方式ラインインタラクティブ給電方式
容量550VA/330W
出力波形正弦波
バックアップ時間2分(330W時、初期値、周辺温度25℃)
バックアップ切り替え時間6ms(通常)、10ms(最大)
入力電圧82~123V
入力周波数50/60 Hz ±3 Hz(自動検出)
出力電圧100V
出力周波数50/60 Hz
コンセント数バックアップ*3個 スルー*3個
本体サイズ(H×W×D) mm190 × 91 × 310
消費電力(通常/最大)15/5W
電源管理ソフト(添付ソフト) 標準添付(PowerChute Personal Edition)
対応OS表
無償保証期間2年
2023年現在

1番のおすすめは個人的にコスパNo. 1と思うUPSの

APC製”BR550S-JP E”です。

APCはフランスに拠点を置く”世界最大のUPSメーカー”です。

定格容量も330Wで、NASには十分な容量で正弦波出力が可能です。

また、バックアップ用ではない雷サージ保護のためだけのスルーコンセントが3つついているのも嬉しい部分です。

さらに、常時商用給電方式よりもワンランク上位モデルのラインインタラクティブ給電方式のため、

停電時にバックアップへ切り替える時間が短く、ほぼ確実にバックアップが可能です。

【NASにおすすめのUPS】2位 ‎Cyber Power製 CPJ500


CPJ500のおすすめポイント
  • BR550S-JP Eよりも安価で同等の性能
  • 保証期間が3年
内容仕様
給電方式常時商用給電方式
容量500VA/300W
出力波形正弦波
バックアップ時間3.5分(300W時、初期値、周辺温度25℃)
バックアップ切り替え時間10ms以下
入力電圧82 ~ 123V
入力周波数50/60 Hz ±3 Hz(自動検出)
出力電圧100V
出力周波数50/60 Hz
コンセント数バックアップ*6個
本体サイズ(H×W×D) mm165 x 92 x ‎280
消費電力(通常/最大)10W
電源管理ソフト(添付ソフト) 無料ダウンロード可能
(対応OS表→Windows Linux
無償保証期間3年
2023年現在

2位は今回ご紹介する中でクラス最安値のUPSです。

それはCyberPowerという台湾メーカーが発売しているCPJ500です。

最近台頭してきたUPSメーカーですが、”世界100か所以上でUPSを販売”しています。

先ほど紹介した”BR550S-JP E”よりも安価ですがNASをバックアップする分には同等の性能を維持しています。

ただ、給電方式や定格容量スペックダウンはしているのでその点は注意です。

しかし、最低限必要な機能は保有(定格容量、正弦波出力、シャットダウンソフト)しているので安心です。

また、メーカー保証期間はBR550S-JP Eよりも1年長い3年と設定されています。

【NASにおすすめのUPS】3位 ‎オムロン製 BW40T


BT40Tのおすすめポイント
  • 日本製
内容仕様
給電方式常時商用給電方式
容量400VA/250W
出力波形正弦波
バックアップ時間5.4分(250W時、初期値、周辺温度25℃)
バックアップ切り替え時間10ms以内
入力電圧AC86±3~114V±3V
入力周波数50/60Hz±4Hz
出力電圧100V
出力周波数50/60 Hz
コンセント数バックアップ*4個
本体サイズ(H×W×D) mm165‎ × 90 × 291
消費電力(通常/最大)10W/20W
電源管理ソフト(添付ソフト) 無料ダウンロード可能
(対応OS表→Windows Linux
NASシャットダウン詳細
無償保証期間3年
2023年現在

最後に紹介するのは日本製のUPSです。

オムロンソーシアルソリューションズというオムロンの子会社が製造しているBW40Tです。

おすすめランキング1位、2位のUPSは海外製でしたが、

このUPSは国内メーカーであるオムロン系の会社が製造しています。

※ただし原産国は中国と表記されています。※

そのため、価格、性能を考えると国内メーカーでNAS用のUPSを選ぶのであればBW40T一択です。

ただし、残念ながらBR550S-JP E、CPJ500と比べて優っている点は少ないです。

定格容量は少し小さく、値段も最安値というわけではなく中途半端です。

しかし、NASをバックアップするための機能は取り揃えていますので、

日本メーカーが使いたい!!という方にはおすすめのUPSです。

まとめ

まとめ
  • NASに使用するUPSを選ぶポイント
    • 定格容量を見定める
    • 波形は正弦波のものを選択する
    • NASのシャットダウンまで考える
  • 2万円以下で買えるNAS用おすすめUPS
    • 1位:コスパ最高 APC製 BR550S-JP E
    • 2位:クラス最安値 CyberPower製 CPJ500
    • 3位:日本製なら オムロン製 BW40T

今回は2万円以下で買えるNASにおすすめのUPSを紹介しました。

ご自身がNASで大切に保管しているデータが消えないためにもUPSを設置することをおすすめします。

また、その時には以下の3つのことは必ず確認してください!!

バックアップする機械の消費電力を調べる

UPSの波形は正弦波のものを選ぶ

NASのシャットダウンまで考える

これらを確認した上でご自身の使用しているNASに最適なUPSを選んでいただければと思います。




コメント